*

保証人不要で借りるためには

キャッシングが必要になる事は誰にもある事ですが、借り入れに対して保証人を要求されたらどうでしょう。

右から左にそう簡単に誰かれに頼める問題ではありません。
しかし、現実問題として日常的に貸金業者とお客との間でこんなやりとりが行われています。
本来、貸金業者は仮に他社での借り入れが有るにせよ50万円までのキャッシングなら比較的簡単な手続きで貸してくれました。
しかし、今は申込書に基づいて信用情報機関に照会し、申し込み者のキャッシングヒストリーや 属性をスコア方式で採点して、貸出の判断を行っています。
そこに幾らかの問題があると判断したり総量規制の範囲、つまり年収の3分の1を 今回貸し付ける事で超える場合等は、高い確率で保証人を要求される事になります。
また、保証人の質も当然審査の対象で、場合によっては二人要求されるなんてケースもあります。
これは、貸倒防止の意味合いも然ることながら、本人が自己破産申請の場合には 保証人が肩代わりの責務を負うという心理的圧力をかける目的もあります。
保証人に絶対迷惑を掛けない、強い信念で返済していく事は言うまでもありません。
もしくは総量規制対象外の銀行系を利用しましょう。
パートやアルバイトでだけではなく専業主婦でも借りられるカードローンが増えてるので嬉しいですね。



コメントする